壁を緑で覆う壁面緑化!そのメリットとは?



建物に当たる日光を遮ってくれる

背が高い建物は、直射日光を浴びる面積が多いです。また、地面から反射した光も、建物に当たります。そうすると、建物自体が熱を持ち、周囲の気温を高めてしまいます。それをヒートアイランド現象と呼び、現代の大きな問題になっています。そこで、建物に壁面緑化を施すと、植物が代わりに直射日光を浴びてくれます。そして、植物はコンクリートよりも熱を溜め込みにくいので、周囲の気温が高くなるのを防げます。

また、直射日光が建物に当たった場合、そこで発生する熱が建物の内部も温めてしまいます。そのため、特に夏場は、内部を冷やすために冷房が必要です。けれど、壁面緑化を施した建物であれば、建物自体が持つ熱が少なく済むので、冷房の稼働率を下げることが可能です。その結果、冷房に使用するエネルギーを抑えられ、光熱費の削減にも繋がります。

おしゃれな見た目にできる

壁面緑化には、建物の見た目をおしゃれにできるというメリットもあります。特に無機質な見た目をしている建物の場合、壁面緑化で一面を緑にすると、大勢の人に好まれる見た目になりやすいです。そして、使用する植物の種類を厳選したり、配置を工夫したりすることで、よりおしゃれなデザインにすることも可能です。

環境のことを考えているとアピールできる

壁面緑化を施すと、ヒートアイランド現象の対策になったり、使用するエネルギー量が少なくなったりします。つまり、環境に優しいです。そして、壁面緑化は目立つ見た目をしているため、環境についてしっかり考えていることを、大々的にアピールできます。事業で使用している建物であれば、大勢の人に、事業に対する好印象を持ってもらうことも不可能ではないでしょう。

建物の壁を植物で覆う壁面緑化、都市部でのヒートアイランド現象対策や断熱保温効果で省エネルギーを実現します。使う植物は、ヘデラやアイビーなどのつる性の植物や夏場の朝顔、実のなるゴーヤなど様々です。