おしゃれで機能的なサングラス!その選び方とは?



使い道と環境に合ったレンズを選ぶ

サングラスのレンズは、ただ色が付いているだけではありません。レンズによって、様々な機能が備わっています。よくあるのが紫外線をカットできるレンズで、目への負担を軽減できます。そして、目に入って来る眩しい光を軽減させる、偏光タイプのレンズも多いです。また、当たる光や紫外線の量に合わせて、色が変わる調光タイプのレンズもあり、ひとつだけで幅広い場所に対応できます。

さらに、サングラス機能を伴いながら、一般的なメガネと同じように度が入っているものもあります。そのような機能をひと通り把握した上で、使用目的に合ったレンズを選ぶことが大切です。また、同じ機能を持っているレンズで、複数の色展開をしているものもあり、色によって適した環境が異なります。したがって、使用する場所に合った色を選ぶことも忘れないようにしましょう。

顔に合ったフレームを選ぶ

サングラスを選ぶ際には、形も重視する必要があります。特に正面から見えるフレームの形は、印象に大きく影響を与えます。好みのフレームを選択しても良いですが、顔の輪郭との相性を考えることも大事です。基本的には、丸い輪郭には四角いフレーム、四角い輪郭だと丸いフレームという風に、異なる形を選ぶと良いです。ただ、その基本だけを参考にして、自分の輪郭とは違うことだけを重視して選択してはいけません。サングラスは、三角と丸を組み合わせたようなボストンタイプだと、優しくて高級感のある見た目、スクエアタイプは厳格そうという風に、異なる印象を与えます。そのため、どのような印象を与えたいかも考えて選びましょう。

めがねにもサングラスにもなる調光レンズは、最新テクノロジーににより絶えず変化する光環境に適応して濃さを自動的に調節します。