内祝いの定番カタログギフトはどうやって選ぶべき?



掲載されている商品の品数とジャンルを比較しよう

内祝いの品物として選ばれることが多いカタログギフトは、同価格帯のものでも発売元によって品数やジャンルに違いがあるため、じっくりと検討することが大切です。例えば、缶詰や飲料品、加工肉といった人気の食品が多く掲載されているものは、年齢や性別にかかわらず喜ばれています。また、食器類や健康器具、小型の家電製品といった日々の生活に役立つアイテムの掲載数が多いものも売れ筋となっています。最近では、テーマパークやスポーツジム、エステなどの施設の割引券を選択できるカタログギフトも増えており、人々のライフスタイルが多様化する現代に対応したものとなっています。なお、カタログギフトを内祝いに選んだことが無い人は、親族や周りの友人にアドバイスを聞いてみるのもおすすめです。

結婚や出産のサイトやSNSでおすすめのギフトをチェック

内祝いにぴったりのカタログギフトを探したい時には、日頃から結婚や出産に関して特集されたサイトやSNSをチェックして、同年代の人に支持されているギフトの特徴を調べてみましょう。たとえば、一冊あたり五千円から一万円程度のリーズナブルな価格で購入できるカタログギフトは、あまり経済的に余裕がない人は、友人や職場の同僚などに感謝を伝えたい場合に向いています。一方で、三万円から五万円ほどの高価格帯のカタログギフトの中には、有名ブランド品が多数掲載されているものもあり、特別な人へのプレゼントとして選ばれる傾向があります。その他、カタログギフトの発売元によっては、オンラインサイトやSNSを通じて購入をする人を対象に値引きをしたり、無料でラッピングなどのサービスを行ったりしているところもあるため、じっくりと購入先を選びましょう。

贈り先の人が好きな品物を選べるというメリットを備えたカタログギフトは、お好みの商品が自由に選べるので喜ばれます。